ANA(全日空)の株の買い方ってどんなの?

ANA 株 買い方
あなたは、「ANAの株が欲しいんだけどどうやって買えばいいの?」「ANAの株主優待って何がもらえるの?」などと思ったことはありませんか?

国内最大規模の航空会社、ANA(全日空)。

今日はANAの株の買い方について解説していきます!(`・ω・´)

ANA(全日空)の株の買い方は?まずは基本情報

ANA(全日空)の株の買い方を解説する前に、基本情報を紹介します。

ANAは、All Nippon Airwaysの略で、全日空とも呼ばれることもある航空会社です。
航空会社連合であるスターアライアンスのメンバーです。

ANAを舞台としたテレビドラマが制作されるなど、テレビで目にすることも多いですね。

それでは、基本情報を見てみましょう。

市 場   東証1部、ADR(OTC)
証券コード 9202
業種分類  空運業
会社名   ANAホールディングス(株)
単元数   1000株
決算期   3月

※掲載時の情報です。最新情報はご自身でお確かめください。

東証1部に上場していますので、一般の証券会社で株を購入することができます。
ADRはAmerican Depositary Receipt の略で、アメリカで取引される日本株のこと、OTC(Over-the-counter)はその店頭取引のことです。

ANA(全日空)の株を購入するなら、手軽で便利なネット証券がオススメです(^Θ^)
今すぐ申し込みたいならこちらへ。

ANA(全日空)の株が買える証券会社はこちら

ANA(全日空)の株の購入方法は?【実践編】

続いて、ANA(全日空)の株の購入方法について解説していきます。

先ほどの解説のとおり、ANAは東証1部に上場していますので、口座開設が済んでいれば一般の証券会社で株を購入することができます。

2017年4月28日時点での株価は335.5円、単元数は1000株です。

ですので、335.5円×1000株=335500円
この日の場合で、約34万円の資金が必要という事になります。

また、単元が100株の銘柄が多いなか、ANAの株は1000株です。購入の際は単元にも注意してくださいね。

(ちなみに「単元数」について、こちらのページで詳しく解説していますので参考にして下さいね)

関連銘柄は、
・日本航空(9201)
・Sフライヤ(9206)
などです。

航空会社の株はあまり多くありませんね。
日本航空(JAL)はこちらでまとめていますので、是非読んでみて下さい。

ANA(全日空)の株には、株主優待はあるの?

ANA 株主優待

ANA(全日空)の株主優待はどんなものか気になりますね。
早速見てみましょう。

権利確定月 3月末、9月末
【片道1区間ご搭乗時普通運賃50%割引】
1000株以上・・・1枚
2000株以上・・・2枚
3000株以上・・・3枚
4000株以上・・・4枚+4000株超過分2000株ごとに1枚
10000株以上・・・7枚+10000株超過分4000株ごとに1枚
1000000株以上・・・254枚+1000000株超過分8000株ごとに1枚

【下記のサービスの提供(1000株以上)】
・株主様限定機体工場見学会への申し込み ※申し込み多数の場合は抽選
・9月末時点株主へお届けしているカレンダーの選択 ※壁掛け型または卓上型 等

【ゴルフ・ツアーなどのグループ各社・提携ホテル優待券(1000株以上)】

一番の目玉は運賃の割引券ですね。
株主優待番号とパスワードが発行されるので、あらかじめ登録しておくと搭乗手続き等が不要になるスキップサービスが受けられます。

すごく便利ですね!

次に配当ですが、ここ5年は2円~5円の間で推移しています。
波がありますので、配当の変動を注意して見ていきたいところですね。

ANA(全日空)の株の買い方【まとめ】

今日は、ANA(全日空)の株の買い方についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

東証1部に上場しているということ、単元は1000株ということ、株主優待は運賃の割引など、ということがわかりましたね。

管理人かっぱはANAの飛行機に何度か乗ったことがあります。
初めて乗ったのは高校の修学旅行でした。北海道に行きましたよ。

飛行機に乗るのが初めての子ばかりだったので、離陸の際の機内は悲鳴と歓声だらけだったのを覚えています。

あの離陸の時のふわっという感じがなんとも言えないんですよねえ…(´Θ`)

このまとめが、ANAの株の買い方を知りたいあなたのためになったなら嬉しいです!
また次回も読んでくださいね!(`・ω・´)ノ グッドラック!

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す