日経225とはどんなもの?銘柄一覧はどうすれば見れるの?

日経225 日経平均株価
あなたは、新聞や雑誌などで日経225という言葉を見掛けて、「なんだこれ?」と思ったことはありませんか?

日経平均株価という言葉は知っていても、日経225はよく知らない・・・そんな声が聞こえてきそうですね(^Θ^)

今日は日経225について、銘柄一覧についても紹介しながら解説していきます!

日経225とは何?なぜ日経225って名前なの?

日経225とは、実は日経平均株価のことです。別物ではなく同じもので、呼び方が違うだけです。他にも、簡単に日経平均と呼ばれることもあります。

日経225は、東京証券取引所第一部に上場する株式銘柄から、日本経済新聞社が225銘柄をピックアップして平均株価を算出・公表したものです。日本で一番有名な株価指数ですので、経済情報には必ず登場します。

日本経済新聞社225銘柄を選んで算出しているから、日経225という訳です!

ちなみに、日経225は「にっけいにーにーご」と読みますよ。

225銘柄の株価の平均値ですので、単位は円です。小数点以下がある場合は銭も付きますので、〇〇円〇〇銭と表現されます。

更新は15秒ごとですので、そこそこリアルタイムの情報が入手できます。

日経225の銘柄一覧はどこで見られるの?

日経225 銘柄一覧
日経225を算出するのに選ばれた225銘柄のことを、構成銘柄採用銘柄などと呼びます。

この構成銘柄を知りたいと思ったら、銘柄一覧というものを見るのが分かりやすいです。

銘柄一覧は、日本経済新聞のHPに掲載されています。業種ごとに分けられていて、どの業種の株が上がっているか・下がっているか分かるように色づけされていますので、非常にわかりやすいですよ。

しかし、225もの銘柄がありますので、銘柄一覧から探すのは楽しい反面ちょっと大変ですよね。
今回は、日経225採用銘柄を少しだけ紹介していきます。

トヨタ自動車(7203) →こちらで詳しく解説!
 業種区分は自動車。日本の自動車メーカーで、販売台数では世界1、2位を争っています。

パナソニック(6752) →こちらで詳しく解説! 
 業種区分は電気機器。白物家電などが主力で、住宅設備や照明器具でも有名です。

JR東海(9022) →こちらで詳しく解説!
 業種区分は陸運業。東海道新幹線が収益源で、リニア中央新幹線の計画も進行中です。

ANAホールディングス(9202) →こちらで詳しく解説!
 業種区分は空運業。日本の航空大手で、グループ傘下に全日空やバニラ・エアがあります。

ファーストリテイリング(9983) →こちらで詳しく解説!
 業種区分は小売業。ユニクロ、GUなどの衣料品店が有名で、株価は5桁と高額です。

日経225の構成銘柄は入れ替えがあるってほんと?いつされるの?

日経225 入れ替え
日経225の構成銘柄は、いつまでもずっと同じ顔ぶれという訳ではありません。基本的には年に1回、構成銘柄の見直しが行われ、10月の頭に入れ替えが行われます。

2017年は、北越紀州製紙と明電舎が除外され、リクルートホールディングスと日本郵政が採用されました。

稀にあることですが、見直しをして「このままでいい」という判断がされるようなことがあれば、入れ替えは行われません。

また、構成銘柄に上場廃止や合併、指定替え(市場が変わること)などが発生した場合は、10月を待たずに臨時の入れ替えが実施されます。

過去には東芝が東証2部に指定替えになったため、東芝が除外され代わりにエプソンが入る形で8月に入れ替えが実施されたことがありました。

東芝が除外されてエプソンが入る、ということでも分かるように、日経225は偏りが出ないように業種ごとにバランスよく採用し構成されています。

日経225とはこんなのだった!【まとめ】

今日は、日経225についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

・日経225と日経平均株価は同じ
・日本経済新聞社が選んで算出した225銘柄だから、日経225
・銘柄一覧は日本経済新聞社等のホームページに公開されている
・構成銘柄の入れ替えは年に1回、10月の頭に実施

ということが分かりましたね。

管理人かっぱも初心者の頃、日経225と日経平均は別物だと思っていたので、同じと知った時はとてもビックリしましたよ。

225銘柄の中からお気に入りの株や買ってみたい株を探すのも、なかなか面白いですよ。入れ替えにも注目していきたいです!

日経225について分からなかったことが、このまとめで分かったなら嬉しいです!
また次回も読んでくださいね!(`・Θ・´)ノシ

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す