東京証券取引所の取引時間ってどのようになっているの?

東京証券取引所 取引時間
あなたは、東京証券取引所の取引時間っていつからいつまで?休みの日はあるの?と思ったことはありませんか?

株を始めるにあたって、必ず一度は気になることですよね。

今日は、東京証券取引所の取引時間についての疑問を解決します!

東京証券取引所の取引時間ってどのようになっているの?

東京証券取引所は、日本の上場株式が一番多い、日本を代表する株式市場です。

取引される時間は決まっていて、朝の9時から11時30分までと、お昼12時30分から夕方3時までの2つに分かれています。

この、朝9時から11時30分までの時間を前場(ぜんば)と呼び、お昼12時30分から夕方3時までの時間を後場(ごば)と呼びます。

前場と後場の間は、取引することができませんが、注文することはできます。

ちなみに日本の株式市場には、東証の他に名古屋、福岡、札幌があります。前場の時間は東証と同じですが、後場の終わりが15時30分までと東証より30分長いです。

その他、日本と海外の株式市場の時間についてまとめた記事もこちらにありますので、もっと詳しく知りたいと思ったらぜひ読んでみてくださいね。

東京証券取引所の取引時間って、休日も同じなの?

東京証券取引所 取引時間
東京証券取引所は、基本的に平日に取引されていて、
土曜日、日曜日、祝日と、年末年始(12月31日~1月3日)はお休みです。

これは東証だけでなく、日本の証券取引所共通です。

その年の最後の取引最終日に大納会というものが行われ、年の最初の取引日には大発会というものが行われます。

例年、大納会は12月30日、大発会は1月4日ですが、土日と重なるとずれることもあります。

大納会には毎年著名人をゲスト呼び、手締めで締めくくられるのが恒例ですね。年末の風物詩です。

なんと、来場者にはお持ち帰り用のそばが振る舞われるとのこと! Σ( ゜Θ ゜)
年越しそばですねぇ・・・いいなぁ・・・

そして明けて新年の大発会。
晴れ着の女性がたくさん並んで手締めをしているところを、テレビで見たことありませんか?

日本ならではの文化が見られる、大納会と大発会ですね。

取引時間ってずっとこのまま?今まではどうだったの?

日本の証券市場の取引時間って、何だかあっという間な気がしますが、これからどうなるのでしょう。

実は2011年11月まで、前場の取引時間は11時まででした。それが30分延長し、現在の形になったのです。

本当は2011年5月9日から実施予定だったのですが、3月に起こった東日本大震災の節電対策のため、11月に延長されました。

その後、夜間取引を中心に取引時間拡大の検討がされました。

夜間の取引となると、インターネットの証券会社にとっては利用者が増えて嬉しいですが、

店頭で対面して取引する証券会社からは深夜業務の負担の懸念など、他にも懸念事項が出て、2014年、「機が熟していない」と結果的に見送られることになってしまいました。

ただ、これでもう検討しない訳ではなく、東証はまた時期が来たら議論の再開をしたい、との意欲があるようです。

東京証券取引所の取引時間【まとめ】

東京証券取引所の取引時間を中心にまとめてきましたが、いかがでしたか?

取引時間は土日祝日と年末年始を除く、平日の9時から11時30分が前場、12時30分から15時までが後場ということ、

年末年始の大発会と大納会は日本らしいイベントであること、取引時間は今後拡大が検討されていることが分かりましたね。

管理人かっぱはさっきから、頭の中で「前場、後場、おそば」がぐるぐるしています・・・(-Θ-;)
今年は、大納会と大発会のニュースをいつもより意識して見てみよう、と思います!

東証の取引時間について、あなたの疑問が解決したなら嬉しいです!
また次回も読んでくださいね!

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す