株式分割ってなに?どんな影響があるの?

株式分割
あなたは、株式分割について悩んだり、意味が分からなくて困った経験はありませんか?

株式分割はよく行われるため、持ってる株が株式分割すると分かった時、どうすればいいのか焦ってしまいますよね(゜Θ゜;)

今日は、もしも株式分割が決まったら焦らなくても大丈夫なように、株式分割について解説していきます!

株式分割ってなに?持ってる株ってどうなるの?

株式分割とは、文字通り「株式を分割」することです。

「現在市場に流通していたり、株主が保有している株は、〇月〇日に100株を細かくして200株(分割する数はケースによって異なります)にします」

という制度で、100株持っている人はある一定の日に200株持っていることになるのです。

何だか得をしたような気になりますが、株を分割した分だけ株価も分割されますので、あまり変化がないということです。

もっと具体的に解説すると・・・

ある洋菓子店で販売している箱入りマカロン(5個入り・500円)が、大人気で売り上げが好調。
店主は、もっとたくさんの人に食べてほしいため、4月1日より箱売りではなくバラ売り(100円)にすることに決めました。

ということです。
たくさんの人に買ってもらうチャンスを増やすのが、株式分割の役割の1つなのです。

株式分割ってなんのためにするの?

株式分割
しかし、どんな理由でこのようにわざわざ株式分割をするのでしょうか。

株式分割は、株の流動性を高める効果があります。

株が欲しくても株価が高くてなかなか手が出なかったのが、株式分割をして株が細かくなり、株価も同じように分割されるため、買いやすくなります。

そうすると、今までよりも株が買われたり売られたりするので、取引が活発化されます。

これが、株の流動性を高める ということです。

もしもあなたが持っている株が株式分割されれば、買った時よりも株の数は増えているので、半分売ったりすることもできるのです。

株主が不利益を被る可能性がある株式併合と違って、株式分割は取締役会の決議のみで決定できますので、株主や投資家には「株式分割が決まりましたよ」というお知らせがされることになります。

株式分割によって市場はどうなる?

株式分割
株式分割により流動性が高まる、というお話しをしましたが、本当に株式分割っていいことだけなのでしょうか。

先ほど、「買った時よりも株の数は増えているので、半分売ったりすることもできる」ということを解説しましたが、

もしもそれをする人が増えたら、どうなるでしょう・・・?(゜Θ゜;)

株式分割が決まると、流動性が高まることを期待して株価が上がる事もありますが、株式分割後、持っている株の一部を売却したい人が増え、売りが優勢になって株価が下がることも考えられます。

それは株を取り巻く状況や、企業の背景・業績などによってそれぞれ異なる事だと思うので、株式分割したからこの株は上がる!という安易な判断はしないほうがよさそうです。

株式分割とはこういうものだった【まとめ】

株式分割についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

株の数が細かくされ、株価も同じ割合で分割されるので、投資額に変わりはないということ、株式分割により株の流動性が高まるということ、
また、株式分割の事実のみで株価の上下を判断しない方が良い、ということが分かりましたね。

管理人かっぱも、持っていた株が株式分割された経験が何度かあります。

分割後の株数を見ると、増えていてなんとなく嬉しいような気持ちになりました。その後、株価を見て現実に戻されましたけどね(-Θ-;)

今回のまとめで、あなたの株式分割に対する疑問が解決できたなら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。また次回も読んでくださいね!(^Θ^)ノシ

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す