ダブルインバースとは何?仕組みを詳しく解説!

ダブルインバース 仕組み
あなたは、「ダブルインバースというものがあるらしいけど、普通の株とどう違うの?」「ダブルインバースの仕組みについて詳しく知りたい!」と思ったことはありませんか?

一般的な株とは違う動きをするダブルインバース。

今日はダブルインバースの仕組みや特徴について解説していきます!(^Θ^)

ダブルインバースとはどんなもの?意味と仕組みを解説!

ダブルインバース etf
ダブルインバースはどんな株?と疑問に思うものですが、実はダブルインバースは株ではなく株価指数のひとつです。

指数での正式名称は「ダブルインバース・インデックス」といいます。投資家の間では、略して「ダブルインバ」と呼ばれることもあります。

このダブルインバース・インデックスに連動したETF(上場投資信託)を取引すると、結果的にこの株価指数を取引することになります。

ダブルインバースの特徴を簡単に言うと、ダブル(=2倍)インバース(=逆・反対)、つまり「指数の値動きの逆方向に2倍動く」です。

例えば、日経平均を対象にしたダブルインバースの場合、日経平均が1%下落するとダブルインバースは2%上昇し、日経平均が5%上昇するとダブルインバースは10%下落します。

ダブルインバースに連動したETFはどれ?

ダブルインバースの仕組みが分かったところで、今度はダブルインバースに連動している代表的なETFを挙げてみたいと思います。

・(NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357)
・ダイワ 上場投信-日経平均ダブルインバース(1366)
・楽天 ETF-日経ダブルインバース指数連動型(1459)
・JPX日経400ベア2倍上場投信ダブルインバース(1469)

ダイワや楽天とETFの名前に入っているものがありますね。

これは、そのETFの管理をしている管理会社のことです。名前が入っていないものも、ちゃんと管理会社が存在しますので安心してください。

この中でも、購入単位はJPX日経400ベア2倍上場投信ダブルインバース(1469)は10、他は1です。
このように、購入単位は銘柄によってバラバラですので、購入の際は注意しましょう。

ダブルインバースETFの取引方法は、基本的には一般的な株と同じです。
気を付ける点は、「通常の値動きとは逆である」ということと、「購入単位は銘柄によって異なる」ということです。

ダブルインバースを取引するメリットは?

ダブルインバース 空売り
値動きが変わっているダブルインバースですが、取引するメリットは何かを見てみましょう。

空売りと同じ仕組み

「株価が下がると益が出る」という性質のものに、空売りがあります。ダブルインバースと同じですね。
しかもダブルインバースは2倍の値動きをします。

空売りをしたいと思ったら、信用取引口座を開設する必要があります。
しかしダブルインバースのETFは株の口座で取引ができるので、信用取引口座を開設する必要はありません。

株価指数が下がることが分かっていればそれをチャンスにできる

経済情勢などの様々な要因で株価指数が下落することがありますが、通常なら騰がるのを待つくらいしかできません。

ダブルインバースETFは指数が下がれば2倍騰がるという性質なので、「これは指数が下がりそうだな」という時が益を出すチャンスといえます。

ダブルインバースのデメリットは?

ダブルインバース デメリット
ダブルインバースのメリットを確認しましたので、次はデメリットも見てみましょう。

長期の保有向きではない

ダブルインバースのデメリットといえばこれです。
ダブルインバースは長期保有に向きません。

上げたり下げたりを繰り返すと、値段にズレが出てきます。
これは日々の変動率をかけて値段を算出するためです。

ダブルインバース 長期

上の表は、株価指数の変動によって通常の連動型のものとダブルインバースがどのような結果になったかを表したものです。

最終的に元の値段に戻ったのに、ダブルインバースでは目減りしているのが分かりますね。

長期で保有すればするほど、どんどんズレ幅が大きくなっていきますので、長期保有には向かないというワケです。

これは2倍のダブルインバースETFだけでなく、1倍のインバースETFでも起こることです。

ダブルインバース以外の方法はないの?

ダブルインバース 株
ダブルインバース以外にも株価指数を取引する方法として、くりっく株365があります。

くりっく株365は、株価指数が取引の対象ですが、日経225、ダウ、FTSE100、DAXの4種類のみです。
2倍のレバレッジをかければダブルインバースと同じ2倍の動きになります。売りの取引も可能で非常にシンプルです。

ダブルインバース 比較

こちらの表で簡単に比較してみましたが、同じく株価指数を取引できるくりっく株365は、取引時間や税金の種類が異なります。

それぞれに特色のあるものなので、両方試してみるのもいいですね。

くりっく株365に関して、詳しくまとめたページがこちらにありますので、是非読んでみて下さい!

ダブルインバースってこんなのだった!【まとめ】

今日はダブルインバースについてまとめてきましたが、いかがでしたか?

・証券取引所に上場している有価証券
・逆方向に2倍動く
・購入単位は必ずしも100ではない
・長期保有には向かない
・指数の取引ならくりっく株365という方法も

ということが分かりましたね!

ダブルインバースって変わった仕組みですが、詳しく分かると面白い!と思いませんか?

管理人かっぱもダブルインバースのETFを取引きしたことがありますが、やはり面白かったです!

あなたのダブルインバースについての疑問が、この記事で解決できたならうれしいです。

また読んでくださいねー(`・Θ・´)ノシ

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す