株を始めるには?何から手を付ける?迷う前にこれをチェック!

株 始める
あなたがいよいよ株を始めることになった時、また、始めようかなと思った時、分からないことが多くて壁にぶつかってしまうかも知れません。

そんなことにならないように、株を始める時にあらかじめチェックしておきたいことをまとめてみました(^Θ^)

これを読んでおけばもう初めての株も怖くない!?早速、見ていきましょう!

株を始めるタイミング、今からでも間に合う!?

株を始めようかな、と思った時に、「いや~、もう今頃から始めても遅いでしょ!」と思い直して、やっぱや~めた!と思ってしまうかもしれません。

株を始めるタイミングに、早いや遅いというのはあるのでしょうか?

株を始める時期は?

株 始める
ニュースや新聞で、「株価が低迷している」や「株価が続伸」などと見ますよね。

数年前は日経平均が9000円台だったこともありましたが、その後アベノミクスで20000円台前後まで高くなったこともありました。

株が高くなってきた(伸びてきた)ときに株を始めて、高騰の波に乗る

株を始めようと思ったタイミングは、このように株価高騰のニュースをよく目にすることが増え、興味を持ったから、という人が多いと思います。管理人かっぱは、このタイプです。

しかし、実際に株を始めて、

株価が低迷しているうちに株を始めて、いつか来るであろう高騰の時期に株を売却する

これでもアリだな、と思うようになりました。
絶対に株価が上がるという保証はどこにもなく、買った値段より下がる可能性も十分ありますが、株の基本は安く買って高く売るです。

安く買えるのは株価が安いうちだけなので、このようなきっかけでもいいのではないかと思います。

株を始めるのにいい年齢ってあるの?

そもそも株を始める年齢に制限があるの?というところから疑問に思うかと思いますが、未成年でも株を始めることは可能です。

ただし、証券会社ごとに条件がまちまちで、16歳以上からに限定していたり、親権者の同意が必要で、更に親権者が同一の証券会社で口座を持っていなければいけないなど、20歳から始めるより少しハードルが高かったりします(´・ω・`)

でも、株の仕組みって、大人になって興味を持ってから知ることがほとんどだと思いませんか?
子どもの時から株やお金の仕組みについて学ぶのは、悪い事ではない、むしろ大切なことだと思います。

そのような子どもの頃から株に慣れ親しむという意味では、若いうちに始めるのもいいことだと思いますよ。

ですが、どうしてもお金を使うことになるので、そんなお金ないよ!でも株を知りたい!という場合には、バーチャルトレード(仮想取引)で練習するものいいですね。

そして今度は成人以降の株を始める年齢ですが、先ほども書いたとおり、興味を持った時に知って始める人が多いようです。

家族や友達が株をやっていて、自分も興味を持ったからやってみようかな、という人や、定年退職して資産運用で何かいいのはないかな?と株を始めてみた、と株を始める年齢の幅は広いです。

「いまから始めるのって、遅いのかな?」なんて心配になる必要はないです。始めたいと思った時が始め時だと思いますよ(^Θ^)

株を始めるのに必要なものは?

さて、いよいよ株を始めよう!となった時に、何もなしでは始められません。
必須なものと、あったものがいいものをピックアップしてみました。

2016年から口座開設には必須!マイナンバー

株 始める
2015年10月より、国民一人一人にマイナンバーが通知されました。

そして2016年1月より、新たに株の口座を開設するにはマイナンバーが必要になりました。

2016年よりも前に株の口座を開設した場合は、すぐにマイナンバーを提出しなければいけない、ということはありませんが、新規で口座開設をする場合には必要になりますので注意です。

また、必要なのはマイナンバーであって、マイナンバーカードを作っていなくても通知書にある番号さえ分かれば問題はありません。株の口座を開設するから、と慌ててマイナンバーカードを作る必要はありませんよ。

証券会社とのやりとりを便利に!ネットバンキングの口座

これは必須!という訳ではありませんが、ネットバンキングの口座を持っていると証券会社への入金・出金がスムーズにいき、手数料も抑えられることが多く、わざわざATMの長蛇の列に並ぶ必要もないのでオススメです。

でも、どのネットバンキングでもOK!という訳でなく、できるなら口座を開設したい証券会社がそのネットバンキングからの即時入金・出金を無料に設定しているネットバンキングを利用したいです。

また、証券会社が銀行系の場合は、その系列の銀行のネットバンキングとの相互利用でより便利になることもありますので、口座を開設する前に一度調べてみるといいですね。

株を始めるには、ネットが便利?

株 始める
最近の証券会社はインターネット取引に対応しているところがほとんどです。

昔から株をやっている人は、証券会社の店頭に出向いて株の注文をしたり、電話で注文している場合も多いです。

ですが、この場合手数料が高額なのがほとんど。手間がかかることと高額な手数料のことを知っているからこそ、なかなか株に手が出なかった・・・という人も多いようです。

スマホでいつでもどこでも株の取引ができる!

インターネット取引って聞くと、パソコンをカチャカチャして大変そう!ってイメージが湧きませんか?

最近は、スマートフォンの普及で様々なことがアプリでできるようになりました。株もその一つで、証券会社がスマホ用アプリを提供し、取引がぐっと身近で簡単になりました。

これなら外出先でちょっと気になった時に株価を確認したり、株を買ったり売ったりすることもできますね。

手数料は、一部の証券会社がスマホ取引とパソコン取引で手数料を分けていますが、ほとんどの証券会社がスマホ・PCで手数料は同一です。

ただし!便利だからといってお仕事中に株の取引をしないように!バレちゃうと怒られますよ。

株の口座の違いとは?どんな口座を開けばいいの?

株を始める時、「株の口座を開くだけ~」なんて思ってて、いざ開設しようとしたら口座に種類があって良く分からなくて困った!という経験がある人もいるようです。

株の口座には、一般口座特定口座があります。更に、特定口座は源泉徴収あり源泉徴収なしに分かれます。

ほとんどの人は特定口座の源泉徴収ありで口座を開設します。
その理由には、

・取引や配当にかかる税金を差し引いてもらえる(このことを源泉徴収といいます)
・年間取引報告書が発行されるので、自分で記録しておく手間が省ける
・源泉徴収されているので、基本的には確定申告が不要

など、とても便利であることが挙げられます。

一般口座と特定口座、源泉徴収ありと源泉徴収なしの口座について、配当と税金についてこちらのページでも解説しています。
もっと詳しく知りたい場合はこちらも読んでみて下さいね。

始める時に必要な資金はどれくらい?たくさん必要?

株 始める
株を始める時、株の口座に資金を入金しておく必要がありますが、どのくらい入金すればいいの?と気になりますね(・Θ・;)

既に買いたい株が決まっていて、その株の購入に必要な最低資金が分かっている場合は、その金額
まだ買いたい株が決まっていなくて、とりあえずやってみたいという場合は、最初は10万円~30万円くらい

無理せず始めるには、これくらいがちょうどいいと思います。
安い株だと数百円で買うことができますが、10万円以上必要な株が多いのも事実です。

最初のうちは、予定の金額内でおさまりそうな株を探すこともあるかと思いますが、慣れてくると「この株が欲しい」と思うようになります。

管理人かっぱは、30万円で株を始めました。でも、途中でどうしても欲しい株が出てきて少し追加入金したり・・・というのが何度かありましたよ。

大事なのは、無理をしないこと!株にお金をつぎ込み過ぎてしまった・・・ってことになるのは避けましょう!

株について読んでおきたい本など、おすすめは?

株をやっている人がチェックしている本の一つに、四季報というものがあります。

四季報とは、東洋経済新聞社が発行している「会社四季報」のことです。文字通り年に4回発行されていて、上場している企業ごとの情報や、投資に関する情報が載っています。

一般の書店の投資コーナーに置かれていることが多いですが、
この四季報、辞書並に分厚い!!(-Θ-;)

四季報を活用している投資家は多いですが、四季報はインターネットで閲覧することもできます。一部有料ですが、四季報オンラインという東洋経済新聞社のサイトで見ることができます。

また、一部ですが口座開設者限定で四季報の内容を閲覧できる証券会社もあります。

ネットで見るより辞書みたいにめくって調べたい!という場合には、書店で購入するのもいいかもしれませんね。

株についての交流掲示板は参考になる?2chやtextreamは?

株 始める
インターネットで株のことを調べていると、株の掲示板にたどりついたことはありませんか?
株の掲示板で有名なものだと、textreamと2ちゃんねるです。

textreamはヤフーが運営する掲示板で、ヤフーファイナンスというサイトの銘柄情報から銘柄ごとの掲示板にリンクがありますので、すぐに見つけることができます。

2ちゃんねるは、さまざまな板(カテゴリ)の中に株や株個別銘柄の板があります。

独特のネットスラングが生まれる掲示板であることでも知られていて、濃い内容で活況ではありますが、独自のルールや雰囲気のため馴染みのない人は慣れるのに時間がかかるかもしれません。

知らなかったことやためになることもたくさん書いてあって参考になる反面、噂レベルの不確定の情報も書いてあることが多く、全て信じ切ってしまうと取り返しのつかないことになる可能性もあります。

また、うかつに未確定情報や嘘を書き込んだりすると風説の流布に該当し、罰せられることもあります。そのようなことを書き込まないように注意しましょう。

株取引と掲示板の利用は、自己責任です!

株を始める!もう大丈夫?【まとめ】

株を始める時にあらかじめチェックしておきたいことをまとめてきましたが、いかがでしたか?

・株を始めるタイミングは未成年でもOK。成人していても、始めたい!と思った時が始めどき!
・必要なものはマイナンバーカード。ネットバンキングの口座もあると便利
・インターネット取引が便利で、スマホも活用できる
・口座の種類を選択する際は、便利な特定口座の源泉徴収ありがオススメ
・資金は買いたい株が買える金額。もしくは、10万円~30万円くらいがちょうどいい
・四季報を活用!ネット掲示板は使い方が大切

ということが分かりましたね。
今回は、管理人かっぱが株を始めた時に抱えた悩みを思い返しながらまとめてみました。株を始めるあなたの参考になれば幸いです。

次回もまた読んでくださいね!(^Θ^)ノシ

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す