無印良品の株を購入するには、どうすればいいの?

無印良品 株 購入
あなたは、無印良品の株が欲しいけど、どうやって買えばいいかが分からない!と思ったことはありませんか?

文房具から食品まで、シンプルだけど幅広いジャンルの品揃えが魅力の無印良品。

今日は、無印良品の株の買い方について、解説していきます(^Θ^)

無印良品の株について!良品計画ってなに?

無印良品の株の買い方について解説する前に、基本情報を紹介します。

無印良品は、スーパーマーケットでお馴染みの西友の、プライベートブランドとして生まれました。

その時は数十品目しか取扱いがなかったのが、西友から独立した今では7000品目にまで拡大されたとのことです。

プライベートブランドだった無印良品は、独立して良品計画という会社のブランドになりました。

ファミリーマートと資本提携をしていて、ファミリーマートにも無印良品の商品の一部が置かれているのをよく目にしますね。

なので、会社名は良品計画だけど無印良品の名前の方が有名なので、無印良品が会社名だと思ってた!という声もよく聞きます。

それでは、基本情報を見てみましょう。

市 場   東証1部、ADR(OTC)
証券コード 7453
業種分類  小売業
会社名   (株)良品計画
単元数   100株
決算期   2月

※掲載時の情報です。最新情報はご自身でお確かめください。

東証1部に上場しています。この場合、一般の証券会社で株を購入することができます。
ADRはAmerican Depositary Receipt の略です。アメリカで取引される日本株のことで、OTC(Over-the-counter)はその店頭取引のことです。

良品計画の株を購入するなら、手軽で便利なネット証券がオススメです(^Θ^)
今すぐ申し込みたいならこちらへ。

良品計画の株が買える証券会社はこちら

無印良品の株の買い方【実践編】

無印良品 株 購入
(http://ryohin-keikaku.jp/より画像引用)

続いて、無印良品の株の買い方について解説していきます。
無印良品の株は、東証1部に上場していますので、口座開設が済んでいれば一般の証券会社で購入することができます。

2016年2月29日時点での株価は22990円、単元数は100株です。

22990円×100株=2299000円
ですので、この日の場合では約230万円の資金があれば、誰でも購入できます。

(ちなみに「単元数」について、こちらのページで詳しく解説していますので参考にして下さいね)

関連銘柄は、
・セリア(2782)
・Fリテイリ(9983)
・ニトリHD(9843)

セリアは100円均一のお店、ユニクロを展開するFリテイリングは衣料、ニトリは住宅用品の銘柄です。
良品計画は取り扱う品の種類が多岐に渡るので、これらの会社が比較対象になりました。

無印良品の株って・・・結構資金が必要になりそうです(´・ω・`;)びっくりしますね。

無印良品の株に優待ってあるの?配当はどうなってるの?

無印良品 株 購入
これだけたくさんの資金が必要な無印良品ですが、株主優待や配当ってどうなっているのか気になりますね。
まずは株主優待から見てみましょう。

・・・えー(´Θ`;)

ありませんでした!!!

えええええええ!?って声が聞こえてきそうですが、残念ながら良品計画の株主優待はありません・・・

次に配当ですが、2013年は中間が75円、期末が80円、2014年は中間が85円、期末が105円と、少し増えています。

今後の配当が気になりますね。株主優待はありませんが配当に期待したいです。

株価が高額だからといって、必ずしも株主優待がある訳ではないのですね。

この株に限らず、株を買うとどういうメリットがあるか、配当がいくらか、株の成長性はどうだろう、ということに気を付けて、取引していくといいですよ!

無印良品の株の購入の方法まとめ

無印良品の株の購入の仕方についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

無印良品はブランド名で、会社名・銘柄名は「良品計画」であるということ、購入するには高額の資金が必要ということ、株主優待制度はなく、配当は年間100円台後半だった、ということが分かりましたね。

管理人かっぱは、無印良品のホワイトチョコがけいちごが大好きです。でもすぐに全部食べてしまっていつも後悔するので、最近は大事に大事に少しずつ食べています。

無印良品のお店に行かなくても、ファミリーマートで商品が購入できるのは便利ですね。子どもの頃はよくノートやペンを買っていました。
シンプルなのでいいですね!

今回のまとめが、無印良品の株の買い方が知りたいあなたのためになったなら嬉しいです!

また次回も読んでくださいね!(^Θ^)ノシ

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す