シダックスの株が買いたい!株主優待でお得にカラオケしよう!

シダックス 株
あなたは、「シダックスによく行くけど、株主優待に興味があるなあ」「シダックスの株っていくらくらい?」などと思ったことはありませんか?

シダックスと言えばカラオケやレストランで有名ですね。

今日はシダックスの株の買い方を解説していきます!(`・ω・)ノ

シダックスの株ってどんな株?まずは基本情報

シダックス 株 購入
シダックスの株の買い方を解説する前に、基本情報を解説します。

シダックスは多くの人がカラオケの印象を持っていると思いますが、元々は外食事業や給食事業が中心でした。
現在はそれを生かし、レストランカラオケの事業が好調です。

意外なのが、病院の売店なども運営していること。
管理人かっぱが病院の売店で買い物をしてふとレシートを見ると、シダックスのロゴがプリントされていて「えっ、あのカラオケの!?」と驚いたことがあります。

そんなシダックスの基本情報を見てみましょう。

市 場   東証JASDAQスタンダード
証券コード 4837
業種分類  サービス業
会社名   シダックス(株)
単元数   100株
決算期   3月

※掲載時の情報です。最新情報はご自身でお確かめください。

東証JASDAQスタンダードに上場しています。この場合でも、一般の証券会社で株を購入することができます。

JASDAQについてはこちらで詳しく解説していますので、是非読んでみて下さい!

シダックスの株を購入するなら、手軽で便利なネット証券がオススメです(^Θ^)
今すぐ申し込みたいならこちらへ。
シダックスの株が買える証券会社はこちら

シダックスの株の買い方【実践編】

シダックス 株 買い方
(http://www.shidax.co.jp/sc/より画像引用)

続いて、シダックスの株の買い方について解説していきます。

シダックスは東証JASDAQスタンダードに上場していますので、口座開設が済んでいれば一般の証券会社で株を買うことができます。

2016年7月29日時点での株価は476円、単元数は100株です。

476円×100株=47600円
ですので、この日の場合では約5万円の資金があれば、誰でも購入できます。

(ちなみに「単元数」について、こちらのページで詳しく解説していますので参考にして下さいね)

関連銘柄は、
・第一興商(7458)
・コシダカH(2157)
・鉄人化計画(2404)
などです。

第一興商はカラオケの機械の印象が強いですが、カラオケ店を運営している点が比較のポイントです。
コシダカHはまねきねこ、鉄人化計画はカラオケの鉄人を運営しています。ですのでいずれもカラオケ店を運営しているという共通点がありますので、関連銘柄というわけです。

シダックスの株主優待でお得にカラオケしよう

シダックス 株主優待
シダックスはカラオケのお店ですので、株主優待を使ってお得にカラオケしたい!という期待が高まりますね。

株主優待の内容は以下のとおりです。


権利確定月 3月末
【レストランカラオケ・ルーム料金税込540円割引券】
100株以上・・・5枚
500株以上・・・25枚

※1回の会計につき5枚まで使用可

ルーム料金及び飲食料金の割引券です!
1回の会計で5枚まで使用できますので、最大で2700円の割引が受けられます。

いつもシダックスでカラオケするよ!という場合には持っているとお得な優待といえますね。

続いて配当です。

ここ数年、年間配当15円が続いています。安定していますね。
業績に左右されるものですので、業績とともに配当の状況も注視していきたいですね。

シダックスの株の買い方【まとめ】

シダックスの株の買い方をまとめてきましたが、いかがでしたか?

東証JASDAQスタンダードに上場していて一般の証券会社で株の購入が可能ということ、株主優待はルーム料金の割引券でお得にカラオケができる、ということが分かりましたね。

シダックス、管理人かっぱが高校生の時に学校の近くにできて、友達とよく行きましたよ!なつかしい!

当時学生料金がとても安くて、それにドリンクバーもあってお財布に優しくカラオケできて「いい店ができたね~!」なんて言ってたものです。

学生で使えるお金も限られていたので、おいしそうなレストランメニューを眺めて「いつかこれ食べたいなあ」とよだれを垂らしていました。

大人になった今はあまりカラオケに行く機会がないのですが、また学生の頃のようにカラオケしたいですね~・・・もう学生料金じゃないけど(´・ω・`)

シダックスの優待や株の買い方が知りたい!という疑問は解決できましたか?「なるほど!」と思ってもらえたなら嬉しいです。

また次回も読んでくださいね!p(`・ω・´)q

 

執筆者 かっぱ

コメントを残す